配偶者ビザ

配偶者ビザとは?? 国際結婚した場合、日本で一緒に住むためには配偶者ビザが必要です。配偶者ビザは一般に下記の2つがあります。 ① 『日本人の配偶者等ビザ』 日本人と外国人が結婚した場合 ② 『永住者の配偶者等ビザ』 永住者(特別永住者の方も含む)と外国人が結婚した場合 配偶者ビザのポイント 配偶者ビザの手続きは証明・立証資料をそろえる責任が申請者にありますのでご自分で手続きすると思いのほか難しく、書類不備・説明不足で不許可になってしまうケースが目立ちます。正真正銘の結婚だからと言って必ずしも許可されないのが現状です。海外からの外国人配偶者呼び寄せは最近の偽装結婚増加に伴い、審査が厳しくなっています。一度不許可になった場合の再申請案件や、特に海外から外国人配偶者を呼び寄せる手続きは不許可になりやすいので、行政書士の専門家のサポートを受けられたほうが賢明だと感じております。 ※海外にお住まい方で、外国人配偶者と一緒に日本へ帰国したい方からのご依頼もお任せください。 ◆ 不許可になりやすく専門家のサポートを受けた方がよいケース ◆ ① 夫婦の年齢差が大きい場合 ② 結婚紹介所等のお見合いによる結婚の場合 ③ 日本人の配偶者側の収入が低い場合(アルバイト・フリーター・無職など) ④ 日本人の配偶者側に過去外国人との離婚歴がある場合。またはその逆のパターン ⑤ 出会いがスナックなどの水商売のお店の場合①  池袋事務所JR池袋駅徒歩2分②  新宿事務所JR新宿駅徒歩1分③  渋谷事務所JR渋谷駅徒歩4分④  上野事務所JR上野駅徒歩5分⑤  名古屋事務所名古屋駅徒歩4分 事務所一覧